モータースポーツ

FIM スーパーバイク&スーパースポーツ

FIM スーパーバイク世界選手権2022
全戦決勝を放送!(一部生中継あり)

FIM スーパーバイク世界選手権2022
全戦決勝を放送!(一部生中継あり) 開催期間:4/9(土)~11/20(日)

市販車(プロダクションクラス)バイクをベースにした最高峰レース、スーパーバイク世界選手権。
ヨーロッパを中心に世界を転戦しながら、合計13戦、年間チャンピオンの座を争う。

カワサキ、ドゥカティ、ヤマハ、ホンダ、BMWなど世界の主なオートバイメーカーがスーパースポーツカテゴリーのフラグシップモデルを投入し競っている。マシンの排気量は、2気筒であれば1200ccまで、4気筒であれば1000ccまでと定められており、2022シーズンの参戦メーカーおよび参戦車両は、ヤマハ(YZF-R1)、ドゥカティ(パニガーレV4R)、カワサキ(ニンジャZX-10RR)、B<W(M1000RR)、ホンダ(CBR1000 RR-R)の5メーカー。

昨シーズンは、2020年まで6連覇の絶対王者、ジョナサン・レイ(KAWASAKI)の連覇記録を、トプラク・ラズガットリオグル(YAMAHA)が阻み、初の年間チャンピオンに輝いた。2022年もこの2人の優勝争いに注目。
そして2020年の全日本ロードJSB1000王者である野左根航汰(YAMAHA)が今シーズンもフル参戦。2021年はランキング14位と善戦。今シーズンは表彰台に期待したい。

J SPORTSでは、今シーズン全13戦を放送!

FIM スーパーバイク世界選手権2022
全戦決勝を放送!(一部生中継あり)

FIM スーパーバイク世界選手権2022
全戦決勝を放送!(一部生中継あり) 開催期間:4/9(土)~11/20(日)

市販車(プロダクションクラス)バイクをベースにした最高峰レース、スーパーバイク世界選手権。
ヨーロッパを中心に世界を転戦しながら、合計13戦、年間チャンピオンの座を争う。

カワサキ、ドゥカティ、ヤマハ、ホンダ、BMWなど世界の主なオートバイメーカーがスーパースポーツカテゴリーのフラグシップモデルを投入し競っている。マシンの排気量は、2気筒であれば1200ccまで、4気筒であれば1000ccまでと定められており、2022シーズンの参戦メーカーおよび参戦車両は、ヤマハ(YZF-R1)、ドゥカティ(パニガーレV4R)、カワサキ(ニンジャZX-10RR)、B<W(M1000RR)、ホンダ(CBR1000 RR-R)の5メーカー。

昨シーズンは、2020年まで6連覇の絶対王者、ジョナサン・レイ(KAWASAKI)の連覇記録を、トプラク・ラズガットリオグル(YAMAHA)が阻み、初の年間チャンピオンに輝いた。2022年もこの2人の優勝争いに注目。
そして2020年の全日本ロードJSB1000王者である野左根航汰(YAMAHA)が今シーズンもフル参戦。2021年はランキング14位と善戦。今シーズンは表彰台に期待したい。

J SPORTSでは、今シーズン全13戦を放送!

FIM スーパースポーツ世界選手権2022
全戦決勝を放送!(一部生中継あり)

FIM スーパースポーツ世界選手権2022
全戦決勝を放送!(一部生中継あり) 開催期間:4/9(土)~11/20(日)

スーパーバイク世界選手権の下部クラスにあたるスーパースポーツ世界選手権。
併催する形で、同じようにヨーロッパを中心に世界を転戦しながら、合計13戦、年間チャンピオンの座を争う。

マシンの排気量は4気筒600cc以下、3気筒675cc以下又は2気筒750cc以下と定められており、2022シーズンの参戦メーカーおよび参戦車両は、ヤマハ(YZF-R6)、カワサキ(ニンジャZX-6R)、ドゥカティ(パニガーレV2)、MVアグスタ(F3 800 RR)、トライアンフ(Street Triple RS)の5メーカー。

2021シーズンは、ドミニク・エガーター(スイス)が年間チャンピオンに輝いた。
果たして今シーズンは誰がチャンピオンに輝くのか!?

J SPORTSでは、今シーズン全13戦を放送!

放送予定

FIM スーパーバイク&スーパースポーツ

条件で絞り込む

放送日を
指定

追加キーワード

37件

37件

※新型コロナウイルスの感染拡大やその他の理由により、放送予定・内容は変更となる可能性がございます。
※掲載されている番組以外でも、放送がある場合がございます。詳細はこちらから検索ください。

スカパー!スポーツモータースポーツFIM スーパーバイク&スーパースポーツ

このページをシェアする

  • Twitter

  • facebook

  • LINE

  • はてなブックマーク