モータースポーツ

GTワールドチャレンジ・アジア

GTワールドチャレンジ・アジア 2022

GTワールドチャレンジ・アジア 2022 開催期間:5/21(土)~10/23(日)

GTワールドチャレンジ・アジアは、2017年に発足。
2020年と2021年は新型コロナウイルスの影響で開催されておらず、2022シーズンが4シーズン目となる。

2022シーズンは全12戦で開催され、タイのセパン・インターナショナル・サーキットを皮切りにインドネシアのマンダリカ・インターナショナル・サーキットで幕を閉じる。
また新たにジャパンカップとして鈴鹿サーキット、富士スピードウェイ、スポーツランドSUGO、岡山国際サーキットで開催される。

日本からはYogibo Racingがフェラーリ・488 GT3で全戦に参戦。他にもジャパンカップのみで数多くのチームが参戦予定。

J SPORTSでは、2022年シーズンのGTワールドチャレンジ・アジアを全戦放送。
GTワールドチャレンジ・アジア 2022

GTワールドチャレンジ・アジア 2022 開催期間:5/21(土)~10/23(日)

GTワールドチャレンジ・アジアは、2017年に発足。
2020年と2021年は新型コロナウイルスの影響で開催されておらず、2022シーズンが4シーズン目となる。

2022シーズンは全12戦で開催され、タイのセパン・インターナショナル・サーキットを皮切りにインドネシアのマンダリカ・インターナショナル・サーキットで幕を閉じる。
また新たにジャパンカップとして鈴鹿サーキット、富士スピードウェイ、スポーツランドSUGO、岡山国際サーキットで開催される。

日本からはYogibo Racingがフェラーリ・488 GT3で全戦に参戦。他にもジャパンカップのみで数多くのチームが参戦予定。

J SPORTSでは、2022年シーズンのGTワールドチャレンジ・アジアを全戦放送。

放送予定

GTワールドチャレンジ・アジア

条件で絞り込む

放送日を
指定

追加キーワード

42件

42件

※新型コロナウイルスの感染拡大やその他の理由により、放送予定・内容は変更となる可能性がございます。
※掲載されている番組以外でも、放送がある場合がございます。詳細はこちらから検索ください。

GTワールドチャレンジ・アジア 2022
【第1・2戦】2022/5/21~22 セパン・インターナショナル・サーキット
【第3・4戦】7/16~17 鈴鹿サーキット(ジャパンカップ1)
【第5・6戦】7/23~24 富士スピードウェイ(ジャパンカップ2)
【第7・8戦】8/20~21 スポーツランドSUGO(ジャパンカップ3)
【第9・10戦】9/24~25 岡山国際サーキット(ジャパンカップ4)
【第11・12戦】10/22~23 マンダリカ・インターナショナル・サーキット

※スケジュールは変更の可能性があります。

スカパー!スポーツモータースポーツGTワールドチャレンジ・アジア

このページをシェアする

  • Twitter

  • facebook

  • LINE

  • はてなブックマーク