コラム&インタビュー
提供:HOMINIS

広島・宇草孔基が初のサヨナラ本塁打で「スカパー!サヨナラ賞」を初受賞!「ホームランになると思わなかった」

2022/7/14(木)

セ・リーグ 広島東洋カープ 宇草孔基選手が、6月度の「スカパー!サヨナラ賞」を受賞した。この賞は、その月の全サヨナラ試合の中で、最も劇的なサヨナラ打を放った選手を称えたもの。

宇草選手は、6月22日マツダスタジアムで行われた対阪神タイガース10回戦において、4対4の同点で迎えた11回裏、2死走者なしの場面で、今季1号となる右中間へのサヨナラ本塁打を放った。チームは劇的サヨナラ勝利で、開幕からの阪神戦の連勝を「9」に伸ばした。

広島東洋は延長10回に1点を勝ち越されたが、坂倉選手の起死回生の5号ソロ本塁打で同点に追い付くと、4対4の同点で迎えた11回裏、2死走者なしの場面で、ここまで2安打を放っていた宇草選手が打席に。 阪神の7番手アルカンタラ投手の初球を捉えると、打球は右翼席に飛び込むサヨナラ本塁打となった。宇草選手は今季初本塁打がサヨナラ弾と、まさに記念すべき一発となった。

広島東洋は、この勝利により、対阪神戦の開幕からの連勝を9に伸ばし、5カードぶりの勝ち越しも決めた。5月20~22日に同一カード3連勝した中日戦(マツダスタジアム)以来、約1か月ぶりの2連勝となった。

また、広島東洋からのスカパー!サヨナラ賞受賞は、2022年3、4月度の西川選手以来となり、宇草選手は初の受賞となった。

自身初のサヨナラ本塁打でホームでチームメイトに迎えられる宇草孔基選手
自身初のサヨナラ本塁打でホームでチームメイトに迎えられる宇草孔基選手

スポーツニッポン新聞社提供

――今回の「スカパー!サヨナラ賞」受賞の感想をお願いします。

「びっくりしました。ありがとうございます。まさか、この賞をいただけると思ってなかったので、素直にうれしいです」

――今回がプロ初のサヨナラホームランでしたが、プロになる前にサヨナラホームランの経験はありますか?

「いや、ないです。今回が初めてです」

――当時、どんな気持ちで打席に入られましたか?

「シンプルにイメージを持って打席に入ろうと思いました」

――積極的に振り抜いて、見事なホームランだったと思いますが、打った瞬間はいかがでしたか?

「ホームランになると思わなかったので全力で走りました」

――ベースを一周して、ホームに戻ってきたときはいかがでしたか?

「皆さんがホームで迎えてくれてうれしかったです。チームメイトが笑顔で迎えてくれたことが本当にうれしくて、これからもチームに少しでも貢献していけるような選手になりたいなと思いました」

スポーツニッポン新聞社提供

――劇的なサヨナラホームランでしたが、周囲の反応はいかがでしたか?

「いろんな方々が連絡をくれたりして、うれしかったです」

――普段のどんな取り組みが、今回の結果につながったと思いますか?

「本当にまだまだなんですが、自分のできることをしっかり準備していこうと毎日思ってます」

――こだわっているマイブームを教えてください

「マイブームは、Suchmosというバンドのライブ映像を観ることです。すごく好きなのですがライブには行けなかったので、DVDとかYouTubeで映像を毎日観てます」

――今、1番欲しいものを教えてください

「野球上手くなりたいです!明日から2軍なので...」

――出身地、東京都墨田区のふるさと自慢を教えてください

「すごい街並みとかも大好きなんですけど、スカイツリーとか有名かなと...成人式の日にチケットをいただいたので、登りました」

――最後に、ファンの皆さんへ向けて一言お願いします

「いつも応援ありがとうございます。もっともっと活躍しているところを見せられるように、良い試合ができるように、毎日これからも頑張っていくので、応援よろしくお願いいたします」

※月間スカパー!サヨナラ賞とは
月間を通じて最もインパクトのあるサヨナラ打等を放った選手に贈られる賞として2012年に制定。「試合終了最後の1球まで真剣勝負をお届けするスカパー!」から多くのファンに、プロ野球中継最大の魅力を伝えることができ、それがプロ野球界発展の一助となると考え、本賞へ協賛。

文=HOMINIS編集部

放送情報

<スカパー!では、シーズン全試合を放送>

一覧を見る

スカパー!スポーツコラム&インタビュー一覧広島・宇草孔基が初のサヨナラ本塁打で「スカパー!サヨナラ賞」を初受賞!「ホームランになると思わなかった」

このページをシェアする

  • Twitter

  • facebook

  • LINE

  • はてなブックマーク