コラム&インタビュー
提供:HOMINIS

ラグビー解説者の村上晃一が語る!ジャパンラグビー リーグワンの展望と注目選手

2021/12/28(火)

日本ラグビーをけん引してきたトップリーグが、2022シーズンより「ジャパンラグビー リーグワン」と名称やリーグ方式が変わり、2022年1月7日(金)に開幕。ラグビー解説者の村上晃一さんに、3部制で実施される新リーグのトップカテゴリーとなるDIVISION 1の展望や注目選手を伺った。

■DIVISION 1では2カンファレンスの熱戦必至

DIVISION 1は、強豪12チームがAとBのカンファレンスに分かれ、熱戦を繰り広げる。

「カンファレンスAの中心は、2021年王者の埼玉パナソニックワイルドナイツ。稲垣啓太、堀江翔太、松田力也といった日本代表の主軸に加え、ベン・ガンターら新しい日本代表選手もそろってます。福岡堅樹は引退しましたが、彼に勝るとも劣らないオーストラリア代表のトライゲッターのマリカ・コロインベテが加入。戦力的には申し分ありません。対抗馬は、クボタスピアーズ船橋・東京ベイとコベルコ神戸スティーラーズ。クボタは日本代表主将のピーター・ラブスカフニと2021年度新人王の金秀隆に加え、昨季加入の南アフリカ代表のマルコム・マークスと層が厚い。神戸はタレントぞろいだったプロップ陣に、具智元や山本幸輝、さらにはロックの小瀧尚弘といった日本代表選手が加わり、FW陣がパワーアップ。また、NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安も面白い存在。世界最高峰のランニングスキルを持つオーストラリア代表のイズラエル・フォラウと、ニュージーランド屈指のスタンドオフ、オテレ・ブラクが加入したのポイントです」

ジャパンラグビー リーグワン2022
ジャパンラグビー リーグワン2022

Photo by S.IDA

カンファレンスBは東京サントリーサンゴリアスとトヨタヴェルブリッツが中心だという。

「サントリーは流大(ながれゆたか)と齋藤直人の日本代表スクラムハーフの2人と、中村亮土に注目です。また、新加入のニュージーランド代表のダミアン・マッケンジーのワールドクラスのプレーも楽しみ。トヨタは姫野和樹に加え、ニュージランド代表のパトリック・トゥイプロトゥ、2019年のワールドラグビー年間最優秀選手の南アフリカ代表のピーターステフ・デュトイも並ぶFW陣が強烈です。デュトイは2mの長身ながら動き回ることができます」

開幕まで準備期間が長かったため、各チームがいい状態で臨めると、村上さんは踏んでいる。

「12チームという枠で行われるため、僅差の試合が多くなると思います。また、2023年のW杯代表の座を懸けた個人の戦いも見どころです。何より、コロナ禍で国際試合が減ってきているので、リーグワンのレベルを上げないと、日本ラグビーが強くならない。これまで以上にリーグにかかる期待は大きいです」

取材・文=宮澤祐介

むらかみ・こういち●1965年生まれ、京都府出身。「ラグビーマガジン」で編集長を務めた後、フリーランスの編集者、記者として活動。1998年よりJ SPORTSのラグビー中継の解説を務める。

※記載内容は2021年12月10日時点の情報です

放送情報

ジャパンラグビー リーグワン2022
放送日時:2022年1月7日(金)18:30~
チャンネル:J SPORTS 1

ラグビー わんだほー!~ラグビー情報番組~

放送日時:2022年1月10日(月)22:00~

チャンネル:J SPORTS 1

※放送スケジュールは変更になる場合があります

一覧を見る

スカパー!スポーツコラム&インタビュー一覧ラグビー解説者の村上晃一が語る!ジャパンラグビー リーグワンの展望と注目選手

このページをシェアする

  • Twitter

  • facebook

  • LINE

  • はてなブックマーク