男子テニス団体戦 FAST4 オーストラリア選抜vs世界選抜

男子テニス団体戦 FAST4 オーストラリア選抜vs世界選抜

(写真左より)トミック、ティーム、ナダル、キリオス
Getty Images

  • 初めての方ご加入はこちら
  • チャンネル追加MYスカパー!ログイン
  • スポーツおすすめパック・セット

放送チャンネル

  • Ch. 622 WOWOWライブ

  • Ch. 622 WOWOWライブ

放送日

2/5(日)後7:00~9:00 他

詳細

オーストラリア・シドニーで1月9日(月・祝)に開催されたエキシビションマッチ「FAST4」を放送。この試合は、2017シーズン最初の4大大会、「全豪オープンテニス」を前に開催された。同じくオーストラリアで開催された「ワールドテニスチャレンジ」「ホップマンカップ」に続きダイジェストで放送する。
このエキシビションマッチは、オーストラリア選抜2人と世界選抜2人によって行なわれる2014年から始まった男子の団体戦。1セット4ゲーム、5セットマッチのスピーディーな試合展開に加えて、サービスのレットがないことや、「1、2、3、ゲーム」という独自のスコアを採用しており、エンターテインメント性も高い。勝敗は、シングルス2試合で決まるが、決着がつかない場合はダブルスも行なう。テニスを知らない人でも楽しみやすい新しいテニスは必見だ。
世界選抜チームとしてビッグ4の一角、ラファエル・ナダルが出場する。2016年は手首のけがに悩まされた1年となったが、リオオリンピックではダブルスで金メダルを獲得するなどその輝きは健在。熱烈なファンも多く、2017年は彼の完全復活が期待される。そのナダルとタッグを組むのは、2016年大躍進を果たしたドミニク・ティーム。現在世界ランキングトップ10内で最若手、23歳のティームは、2016年の全仏で自身初のベスト4へ進出。2017年、ますますの飛躍が期待されている。
そんな世界選抜に対するのは地元オーストラリア選抜のニック・キリオスとバーナード・トミック。キリオスは若手ナンバー1の呼び声も高く、そのパワフルなプレーのファンも多い。一方のトミックは気性の荒い性格で知られているが、2016年のシンシナティでは錦織に勝利する実績を残す実力派。
ツアー公式戦とは一味違った試合から目が離せない!

※錦織圭は怪我のため欠場となりました。

スカパー!スポーツ特集サイト