ウインタースポーツ

スキー

アルペンスキー FIS ワールドカップ 2023/24

アルペンスキー FIS ワールドカップ 2023/24 絶賛放送中

スピードと迫力で世界的な人気を誇るアルペンスキー。
その中でも五輪、世界選手権に並ぶのがFIS(国際スキー連盟)が主催するワールドカップ。
10月に開幕し3月までの6カ月間、世界を転戦しながら約40戦を戦う。
世界中を転戦することから、白いサーカスとも呼ばれる。
オールラウンダーが世界を制する時代となった男子。
昨シーズンは、マルコ・オデルマット(スイス)が男子歴代最多の2,042ポイントを獲得して総合連覇、更にスーパーG、ジャイアントスラロームも制して3冠王者となった。
その他のタイトルは、アレクサンダー・オーモット・キルデ(ノルウェー)がダウンヒル連覇を達成。
スラロームは、ルーカス・ブラーテン(ノルウェー)が自身初のタイトル獲得となった。

J SPORTSでは、技術系のスラローム、ジャイアントスラロームを中心に、高速系のダウンヒルやスーパーGも放送。
“雪上のF1”と呼ばれ、広大な大自然で繰り広げられるスキーヤーの戦いをお見逃しなく!
アルペンスキー FIS ワールドカップ 2023/24

アルペンスキー FIS ワールドカップ 2023/24 絶賛放送中

スピードと迫力で世界的な人気を誇るアルペンスキー。
その中でも五輪、世界選手権に並ぶのがFIS(国際スキー連盟)が主催するワールドカップ。
10月に開幕し3月までの6カ月間、世界を転戦しながら約40戦を戦う。
世界中を転戦することから、白いサーカスとも呼ばれる。
オールラウンダーが世界を制する時代となった男子。
昨シーズンは、マルコ・オデルマット(スイス)が男子歴代最多の2,042ポイントを獲得して総合連覇、更にスーパーG、ジャイアントスラロームも制して3冠王者となった。
その他のタイトルは、アレクサンダー・オーモット・キルデ(ノルウェー)がダウンヒル連覇を達成。
スラロームは、ルーカス・ブラーテン(ノルウェー)が自身初のタイトル獲得となった。

J SPORTSでは、技術系のスラローム、ジャイアントスラロームを中心に、高速系のダウンヒルやスーパーGも放送。
“雪上のF1”と呼ばれ、広大な大自然で繰り広げられるスキーヤーの戦いをお見逃しなく!
スキージャンプ FIS ワールドカップ 2023/24

スキージャンプ FIS ワールドカップ 2023/24 絶賛放送中

ジャンプ台での助走・踏切を利用して飛び出し、飛行距離の長さと飛形・着地の美しさを競うスキージャンプ。
世界各地を転戦するFIS ワールドカップは五輪、世界選手権と並び重要な大会に位置付けられる。
2023/24シーズンは11月26日、ルカ(フィンランド)で開幕。

注目はSNOW JAPANジャンプチームのエース・小林陵侑。
慣れ親しんだTeam Tsuchiya(土屋ホーム)を離れ、自身が立ち上げたTEAM ROYで初のシーズンを迎える。
また、佐藤幸椰を始め、小林潤志郎、佐藤慧一らが所属する名門・雪印メグミルクと、中村直幹(フライングラボラトリー)らの、日本代表チームの活躍にも期待がかかる。
海外勢では、昨シーズン王者のハルヴォル=アイネル・グランネルー(ノルウェー)始めダビド・クバツキ、カミル・ストッフ(共にポーランド)、シュテファン・クラフト(オーストリア)、カール・ガイガー、シュテファン・ライエ(共にドイツ)、らトップ選手たちが、表彰台を狙う。
日本代表が、どこまで世界のトップ選手たちの牙城を崩せるかも見どころ。
ノルディック複合 FIS ワールドカップ 2023/24

ノルディック複合 FIS ワールドカップ 2023/24 絶賛放送中

スキージャンプとクロスカントリースキーを行い、両種目の成績を組み合わせて競うノルディック複合。
FIS ワールドカップでは、前半にジャンプ、後半にクロスカントリーの順に行われるグンダーセン方式が採用されている。
総合的な運動能力が必要とされることから、ノルディック複合の王者は“キング・オブ・スキー”と賞賛される。

注目選手は渡部暁斗(北野建設)。
五輪3大会連続のメダリストは、再びSNOW JAPANのエースとして五輪を目指す。
さらに急成長する山本涼太(長野日野自動車)、ベテランの渡部善斗(北野建設)ら、日本代表選手の活躍はいかに?
フリースタイルスキー FIS ワールドカップ 2023/24

フリースタイルスキー FIS ワールドカップ 2023/24 絶賛放送中

こぶの急斜面を滑降し、ターンやエアの美しさ、スピードを競う日本でも人気の高い競技モーグル。
デュアルモーグルが五輪の新種目になるなど、変革のシーズンとなった2022/23シーズン。
SNOWJAPANは、男女共に大活躍を見せた。

男子の注目は、日本のエース堀島行真。
昨シーズンはモーグル/デュアルモーグルで3勝を飾り、年間総合2位で終えた。
絶対王者ミカエル・キングスベリー(カナダ)を退けて、悲願の年間総合優勝を目指す!
また、昨シーズンは進化の年と銘打ち、手ごたえをつかんだ杉本幸祐にも注目。
SNOW JAPANチーム最年長となっても進化を続けるベテランがW杯初優勝を狙う!
女子では、2年連続で年間総合3位の若きヒロイン川村あんりに注目。
昨シーズンはデュアルモーグルで自身初優勝を飾るなど、中盤戦で3連勝を記録。
惜しくもけがの影響で終盤戦は欠場となった。
今シーズンこそは女王ペリーヌ・ラフォン(フランス)や北京五輪金メダリストのジャカラ・アンソニー(オーストラリア)を倒して、上村愛子を超える史上最年少王者への期待が懸かる!
その他にも、昨シーズン全戦ファイナルに進出するなど安定感の増した柳本理乃や、SNOW JAPANの元気印・冨高日向子に松田颯、デュアルモーグルで表彰台まであと一歩に迫った村田優太郎など若手選手たちの滑りにも注目。

2023/24シーズン、男女共にモーグル界をけん引するSNOWJAPANの活躍を見逃すな!

放送予定

スキー

条件で絞り込む

放送日を
指定

追加キーワード

163件

163件

※新型コロナウイルスの感染拡大やその他の理由により、放送予定・内容は変更となる可能性がございます。
※掲載されている番組以外でも、放送がある場合がございます。詳細はこちらから検索ください。

スカパー!スポーツウインタースポーツスキー

このページをシェアする

  • X
    (旧Twitter)

  • facebook

  • LINE

  • はてなブックマーク

  • はてなブックマーク